馬油をまつげに塗ると伸びる?

| 未分類 |

400年前、中国から日本に伝えられた、人の皮脂と脂肪酸の構成がすごく近いものである馬油の歴史は、4.000年前の中国までさかのぼります。
その民間治療薬と呼ばれるものとしての効果については、先ず自然治癒力、免疫力を高めたり、切り傷やひび・あかぎれ、やけどに有効だったりします。
それから、近年、肌荒れやにきびやアトピー、しみ・そばかすや水虫などに有効なものであること、保湿力が高いことが認められました。
漢方薬を扱う病院でも、治療薬としても処方されています。
保湿力が高いことにより、全身や顔、さらに髪のスキンケアに取り入れられるようになりました。

 

 

そして、驚いたことに、まつげに塗ったらその毛が伸びたという声も多いです。

 

椅子と観葉植物

なお、その脂肪の構造については、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられます。
普通、動物性脂肪は飽和脂肪酸、植物性脂肪は不飽和脂肪酸がたくさん含まれています。
馬の脂肪には例外的に不飽和脂肪酸がたくさん含まれています。
馬の脂肪は人の皮脂にすごく近いものなのです。

 

 

このため、まつげに素早く染み込み、まつげが伸びるのです。
1日2回、朝と夜に綿棒などで、まつげの根元から全体に広げるように塗りましょう。